TOP > 改革・ブランディング > 大学経営課題に対する講演等の事例

大学経営課題に対する講演等の事例

近年、弊社に寄せられる大学様からのご相談内容が、学生募集を起点に多様化しております。
18歳人口の減少をはじめとする社会環境の変化の中で、学生募集が大きな経営課題になりつつあるためです。
「大学改革を推進するにあたり自学を取り巻く募集環境を経営層にレクチャーしてほしい」
「自学の課題を整理して、教職員に分かりやすく伝えてほしい」
「新学部構想にあたり、自学のマーケットの変化とニーズをデスクデータから報告してほしい」など等。
2018年からの急減期に備え、どの大学様も学内の点検、市場の分析を急いでおられます。
弊社は、ベネッセグループ内に蓄積された高校生や教育現場に関する豊富な研究・調査情報に基づき、大学固有の課題を整理し、学内講演や勉強会で報告する機会を積極的に提供しております。

大学改革の進め方
中部圏総合大学
市場環境の課題整理
首都圏大学
入試総括と
新入試方式の検証

首都圏総合大学
教育改革に向けた
市場分析

近畿圏女子大学
エリア別募集広報のための
高校生の特性把握

首都圏総合大学
新設学部・学科の
マーケット分析

近畿圏大学
学部改組に向けた
マーケット分析

国立大学法人
<職員向け>
高等教育を取り巻く
環境の変化

地方総合大学
 

大学改革の進め方(中部圏総合大学)

志願者数の減少傾向を受け、改革の機運が高まる学内。幹部教職員に対しての厳しい現状とその中で着実に改革を進める他大学の取り組みを共有する機会を作りたいというオファーに応えるための学内勉強会を実施。
自学のポジショニングや学生募集環境の実態および同規模の他大学の改革の取り組みを成果と課題と併せて報告した。

将来構想立案に関するソリューションはこちらからご確認ください。

市場環境の課題整理(首都圏大学)

一定の知名度を持つ大学において、学内では今後の18歳人口減少期における自学の新しいブランド構築をめざし、教職員の有志による改革プロジェクトを発足した。そのプロジェクトが学内で認知され積極的な活動が行えるために、学内の課題の共有を目的とした報告会の依頼を受ける。当該年度入試を通じた市場環境の課題を整理し、自学の課題解決の材料として大学の経営層と幹部教職員へ報告した。

将来構想立案に関するソリューションはこちらからご確認ください。

入試総括と新入試方式の検証(首都圏総合大学)

18歳人口の減少期は訪れていない首都圏であるが、近い将来の厳しい環境に危機感を持つ入試セクションリーダーから、当該年度の全体的な入試結果総括と新たに導入した入試方式の成果と課題に対する意見を求められた。
入試セクション部員全員に対して、当社の入試環境仮説と、併せて同大学の入試運営上の課題点も報告した。

入試制度改革に関するソリューションはこちらからご確認ください。

教育改革に向けた市場分析(近畿圏女子大学)

一部の学科が定員割れを起こしたことをきっかけに学内に改革の機運が高まった。改革に向かうための教職員の危機感を醸成するために、①自学の過年度比較・競合大学情報を含めた市場把握、②今後の近畿エリアの受験者の構図の変化、③自学の学問系統の展望等、大学を取り巻く環境を広範囲に分析してほしいと要請が入る。当社では、そのオーダーに応えるだけでなく、同大学の課題についても提言を行い教育改革への参考情報として役立てて頂く。

学生主体の教育への転換に関するソリューションはこちらからご確認ください。

エリア別募集広報のための高校生の特性把握(首都圏総合大学)

地方エリアからの受験生減少を機に、地方エリア受験生獲得の命題に対して、エリア別高校生の特性把握。流出入状況、進路観、指導性、競合大分析を報告。

入試広報・学生募集広報に関するソリューションはこちらからご確認ください。

新設学部・学科のマーケット分析(近畿圏大学)

新設の学部・学科設置に向けた文部科学省へのエビデンス調査を実施した際に、デスクデータに基づくマーケット分析を行い、大学経営層に対して報告。

学部・学科の新設・改組に関するソリューションはこちらからご確認ください。

学部改組に向けたマーケット分析(国立大学法人)

国立大学のミッション再定義が進む中で、同大学では現在の学部学科体制について抜本的な見直しを検討しており、当社に対して「学部学科改組に向けた隣接学部領域の可能性」の検討と、「今後の学部のゆくえに関するマーケット分析」および「学内資源の分析」の依頼が入る。募集環境だけでなく、各学部のカリキュラム、教育組織等の課題についても提言を行った。

学部・学科の新設・改組に関するソリューションはこちらからご確認ください。

<職員向け>高等教育を取り巻く環境の変化(地方総合大学)

若手職員の動機づけおよび意識改革が今後の大学運営には急務であるという事務局長からの依頼を受けて、学内の若手職員に対して、現在の高等教育を取り巻く環境の変化および、大学改革のトレンドなどについて、具体的な他大学の先進事例などを用いて報告し参加者からも質疑だけでなく自身の意見も交換できる機会を設定した。

教職員の育成に関するソリューションはこちらからご確認ください。


このページの先頭へ