TOP > 改革・ブランディング > 行政対応 > 収容定員変更/教職課程申請/校名変更、キャンパス移転

収容定員変更/教職課程申請/校名変更、キャンパス移転

定員変更、校名変更、キャンパス移転。
UI(ユニバーシティ(スクール)・アイデンティティ)の可視化としての改革。

大学改革の打ち手としての学部・学科の改組が考えられます。文部科学省の設置認可基準が厳格化する中で、同省は学部・学科改組に本質的な意義とエビデンスを求めてきています。

同様に、収容定員変更、教職課程の設置、大学統合、キャンパス移転、校名変更などさまざまな打ち手に関する届出や申請行為においても、厳しい基準が課せられようとしています。

大学改革、ブランディングの推進には打ち手が欠かせません。その打ち手を講じる際に必要な届出や申請行為についても、進研アドでは、改革の本質的な意味を考え、必要に応じて文部科学省への手続き対応のサポートを行います。

<課題解決の具体策>

大学の中長期計画における大学改革(文部科学省への申請、届出が必要となる事案)への行政対応支援

  1. 大学の設置認可申請行為におけるコンサルテーション
  2. 文部科学省への提出書類作成におけるアドバイスなどのサポート
  3. 過去および当該年度における他大学の事例分析など

関連サービス・ソリューション


このページの先頭へ