TOP > 改革・ブランディング > プロダクト > FD・SD・教職協働

FD・SD・教職協働

教員と職員が同じ目標を共有し、
連携して、それぞれの役割を果たしていく。
それがまさに「教職協働」。

大学教育が多様化する中、個々の授業の改善だけではなく、正課教育と正課外教育(キャリアや語学など)との密接な連携や、きめ細かな教育支援体制の構築が課題とされています。自学における「あるべき教育像」の実現に向けて、教職員がともに自学の教育課題を認識し、育成すべき人材像を実現するための教育を充実させることが重要です。

そのためには、教職員の職能開発と教職協働の取り組みを、学内で「しくみ化」させねばなりません。併せて教員と職員のコミュニケーションを向上させるための努力も今後のFD・SDには求められています。

進研アドでは、人材育成目標達成のためのFD・SD構築、また教職協働のためのしくみ作りのために、計画立案支援から研修実施に至るまで、具体的な施策を共に考えます。

<課題解決の具体策>

  • 大学教員の立場でのFDから、学生主体の学びにおけるFDへの転換を支援します。
    1. 大学教員の教授法の改善(学生がわかる授業、学生が自ら学びに向かう授業への転換)
      ⇒教学改革委員会へのコミット
  • 自発的な大学職員を育成するための支援
    1. 若手職員による職員のマインド改革ワークショップ
      ⇒職員の機能と役割、責任などの明確化と行動を変えるためのしくみづくり
    2. 教職協働のための体制づくり・支援

関連サービス・ソリューション


このページの先頭へ